So-net無料ブログ作成

青空レストラン 醤油( しょうゆ) 平戸産ってどうなの?

青空レストランは今回、長崎県は平戸からでした。
そこで出された しょうゆが何か人気のようですね。

番組はヒラメ釣りでした。
まあ、ヒラメ釣りは難しくてそんなに簡単には
釣れないのですが・・・。

最初カサゴなどがおおかったですよね。
番組の最後ではいよいよ、ヒラメを使った料理。

まずは刺身。
ヒラメの刺身は美味しいですよね。

そしてズケ。
お茶漬けで食べたら美味しいんですよ。

で、ムニエル、フライ。
青空レストランのHPでは、ヒラメのムニエルが定番
となってるけど、それはロケ地の平戸だけなのでは?

長崎ではヒラメの定番はやっぱり刺身ですから。
ただ、ムニエルやヅケも美味しいです。

そういえば、以前島田伸介さんが絶賛した
長崎市の牧島のお茶漬けは、美味しかったですね。



ただ、このお茶漬け、地元に住んでいながら
放送されるまで全く知らなかったという(汗)

で、今回は青空レストランの中で出てきた
魚醤油(しょうゆ)を紹介します。


青空レストランでは、この魚醤油で
トムヤンクンをつくってました。

実はこの魚醤油、材料は天然素材の鰹・鰯・昆布のみなんです。
しかも熟成に費やす時間は、何と10年。
つまり出来上がるのに10年の時を要するんです。

保存料、添加物はもちろんのこと、
化学調味料や砂糖も全く使用していないようですね。

だからこその美味しさなんです。
しかも普通の醤油には無い、カルシウムが
入っているのはうれしい限りですよね。

青空レストランで出てきた平戸の魚醤油の詳細は↓


また、同じ醤油であご醤油というものあります。
あごとはトビウオのことです。

こちらの醤油も熟成10年だそうです。


魚醤油とあご醤油のセットなら↓


ヒラメを使ったムニエルの作り方

(材料)
ヒラメ    1切(大きめに切る。皮付)
塩      少々
こしょう   少々
バター   約7g
小麦粉   適量
レモン    適量

(作り方)
1 ヒラメの身に塩、こしょうをふり、小麦粉をまぶす
2 フライパンにバターの2/3量を溶かして、ヒラメの両面こんがりと焼く
3 最後に残りのバターを入れて、絡める
4 皿に盛り、お好みでレモンを搾って完成
5 付け合せに好みでミニトマトなどどうぞ。


nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © トレンドを探そう All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。